シナプスのすきま

若手舞台俳優オタクが語りたいだけ語るところ

あらまきさんバースデーイベント2016レポ

去る2月7日(日)、大阪テイジンホールで行われた荒牧慶彦さんのバースデーイベントの2部に行ってきた。
過去の記事にも書いたように、私が荒牧さんを本気で応援すると決めたのは去年の12月。クリスマスパーティーには行けなかったので、このBDイベが個人イベント初参加になる。
せっかくなので、レポと感想を兼ねて書いておこうと思う。



まずチケットだけど、これは事務所のニコ生のチャンネル会員だったので会員先行で難なく取れた。しかも会員だから席は前から3列目。他の人の話を聞く限り、会員なら少なくとも8列目くらいまでになれるらしい。会員になってて良かった。
1部と2部があって、私は午前に用事があって2部だけの参加にした。開場時間は16時だったけど、それより20分近く早めにグッズ売り場を開けてくれた。寒い中屋外で待つのは辛かったのでありがたい。
グッズはブロマイド2種、会場限定ブロマイド(東京と大阪)各1種、ポスターカレンダーと卓上カレンダーのセット。それからクリスマスパーティの蔵出しグッズで、クリアファイルとブロマイドのセット。さらに、事務所のイベントの時のバスタオル。
私はバスタオル以外を一つずつ買った。会場限定ブロマイドは1部のときは制限なく買えたらしいけど、2部私が行ったときはもう一人1セットまでになっていたし、並び直すのはアリかナシか考えてる間に売り切れた……。

プレゼントは用意されてる箱に、名札を付けて入れた。お手紙も沢山入っていた。MCの高崎さん宛のお手紙もある。

16時になって、やっと会場に入れた。思ったより狭い。
私の推しのファンは、まだこの会場に収まるくらいだ。そう思うとなんだか安心した。私は彼を応援しててもいいんだ。私が応援する意味は確かにあるんだ……そんな気がして。


定刻になった。MCの高崎さんが先に登場。みんなでハッピーバースデーを歌って荒牧さんを呼び込む。
今日は色んなコーナーがあるらしい。

最初のコーナーはTwitterでこの一年を振り返ろう」
事務所のロゴが入ったノートパソコンを荒牧さんが操作して、自分のツイートを去年の2月から振り返る。まじめに一つひとつ振り返ろうとするので、時間がかかる。
荒牧さんはマウスでのスクロール操作がうまくいかず、「このくりくりってするのが上手くできない、このボタン何ていうのか分からないけど」と首をかしげていた。
頻繁にぐでたまのRTが混ざるので、その度に客席に笑いが起きた。確か一昨年の11月ごろから、荒牧さんはぐでたまがお気に入りだ。
渡辺さんに去年の誕生日を祝ってもらった写真、忍ミュメンバーにも祝ってもらった写真、仙蔵を卒業したときのブログ、事務所の退所の報告、新しい事務所の報告……私は去年の荒牧さんをごく一部しか知らないけど、それでもちょっと切なくなった。本当にこの一年、彼には色んなことがあったんだ。来年のBDイベではもっと彼の一年を把握して、共感しながら振り返りたいなぁ。
結局このコーナーは最近のツイートを駆け足で飛ばし、15分押しで終了。


次のコーナーは、あの有名な俳優さんからのお祝いメッセージ!
事務所の先輩、富田さんの映像が流れる。「翔太!お誕生日おめでとう!初めて会った時は人気の若手俳優という感じだったけど、今ではすっかり…」
どうも高崎さんの誕生日と間違えているという設定らしい。
「すごい勘違いしてるよ」「天才だ」「よく思い付くな」と両者笑い。メッセージの最後に富田さんが大袈裟に驚いた顔をして、「あっ!?まっきー!おめでとう!」カンペを見てようやく気が付いたという設定らしい。荒牧さんは「何にも嬉しくない!」と言いつつ嬉しそうだった。

次のメッセージはまたも事務所の先輩の馬場さん…の目に黒い線が入っていたwしかも動きに付いていけずに、度々ズレるww
「26歳っていうことは四捨五入したら30ですよ。つまり俺と同い年です!」会場爆笑。高崎さんか馬場さんどっちが言い出したのかは忘れたけど、なぜか荒牧さんがダンスでアラサーを表現することに。
戸惑いながらも「アラサッサッサー」って言いながら盆踊り風の踊りをしていた。天然かよ。かわいい。
案の定高崎さんに「なにそれ?」と突っ込まれ、やり直しになった。「やりたくない」と言う荒牧さんに、「じゃあ何したい?言って。何したい?」と誘導する高崎さん。荒牧さんが「ダンスが…したい!」と言い終わらないうちに、突然『今俺がやりたいのはダンスだ!』という声が聞こえたと思ったら、Dance!DanceDance!!のPVが流れだした!言わずと知れた、荒牧さん主演の映画だ。


映画『Dance!DanceDance!!』予告編

仕方なくPVに合わせて踊る荒牧さん。かっこいい。高崎さんが「これ仕組んでるときすごい楽しかったw見たことない人いる?これすごいかっこいいから見て。宣伝ですよ」と言い、荒牧さんは「トキってこういうことするよねw」と困りながらも楽しそう。本当に荒牧さんは事務所が大好きなんだなぁ。


次のコーナーは「慶彦がジェスチャーやってみた」
なんで慶彦呼びなんだろうw高崎さんが「俺も慶彦って呼んでみようかな。なんか仲良しって感じする」と言ったのに荒牧さんは「やめてwまっきーでいいじゃん!慶彦って呼ぶの親と姉だけだよ」と恥ずかしそうだった。荒牧さんって弟だったんだ…!
さて、このコーナーは高崎さんの出したお題を荒牧さんがジェスチャーで表現して、客席が何か当てるもの。10個当たったら全員に荒牧さんからチロルチョコをプレゼントしてくれる。
ハト、スカイツリーなど順調に当たっていって、最後の問題のとき。首をかしげたと思ったら突然四つん這いになり、いや違うな、と仰向けに寝転がって足を組んだりする荒牧さん。しかし何がなんだかわからない客席。しばらく誰も答えられなかったけど、ただもうひたすらかわいかった!色んな動物を言って、最終的に「ブタ」が正解だった。ブタの鼻をやれば良かったのにw


次のコーナーは決め台詞。事前にチャンネル会員から募集していた、去年の出演作の中から言ってほしい台詞を言ってくれる。
色々言ってくれたけど、一つだけ。
薄ミュの台詞「近藤さんは僕を可哀想とは言わなかった!」からの歌。ここで高崎さんが「ねえ俺が好きな台詞やって」と言うので、荒牧さんは「翔太くんね、これすごい好きなんですよ」と笑ってから、ステージの上手側へ。そう、この立ち位置は。
「布団の上じゃ…死ねない~よ~ね~♪」高崎さんが笑って喜んでいた。いわく、突然出てきて大声で歌い出すのがシュールなんだそう。それ、めっちゃわかるwシュールな可笑しさもあるけど、でもとにかくかっこよくて私も一番好きな歌だ。


次は質問コーナー。これも事前に募集された質問の中から、いくつか答えてくれた。好きな色とかのベタ質問は全然選んでもらえなかったw
「自分でキャッチフレーズをつけるとしたら?」という質問があり、荒牧さんとしてはキャッチフレーズは自分でつけるものじゃなくないらしく、高崎さんとお互いにつけ合うことに。
荒牧さんの考えた高崎さんのキャッチフレーズは「走れ!暴走機関車!」この間のニコ生でも言ってたねそれ!てかそれディスってない?!
高崎さんは悩んだ末に客席に聞くことに。「皆さんのまっきーのイメージどんなですか?かわいい?」客席から「天然」「まじめ」との声が。私なら「かっこいい」「優しい」「妖精さん」かな。そして客席からの声「宇宙人」に高崎さんが反応。「宇宙人!?まっきー宇宙人だったの?ちょっとやってよ」荒牧さんは戸惑いながらも、「あらん星から来たあらんちゃんだよ!」かわいい~~!!
客席からの声で、あらんちゃんの語尾は「にゃん」になった。高崎さんが「アイドルっぽくやって」と無茶ぶりするので、荒牧さんは渋々ステージの中央へ。片手を挙げて「みんなありがと~!あらん星から来たあらんちゃんだにゃん!」とんでもなくかわいいですありがとうございます!
やり遂げたあと荒牧さん、高崎さんにやり返そうと「翔太くんも同じことやるんだからね。防衛部でラブメイキンって言ったあと、こうやってハート作るんだから」と言ったんだけど、高崎さんはしれっと「え?俺は役に入ればできるからね」と答えてた。荒牧さんはそれを聞いて「えっなんかかっこいい…」と言って、やられた~という顔をしていた。本当に仲良しだなぁ。

「ずっと好きだった人に告白する台詞を」というのがあって、高崎さんが「小2くらいからずっと好きで高校卒業を期に相手が東京へ行っちゃうから、その前に卒業式で告白する」という設定を付けたら、荒牧さんは真剣に「重いなあ」って悩んじゃって、「あの、ずっと…」って言い澱む。「たぶん、こうなると思うんですよ」と、なかなか告白できない様子を演じる荒牧さん。一旦静まり返った空間で、客席からはクスクス笑いが起き始めたけど、私は荒牧さんのまじめさにひたすらキュンとした。それで散々ためらったあと、なんだか泣きそうな顔をして、「ずっと好きでした。付き合ってください」……ああ、言われたい……。


いよいよ最後、チロルチョコのお渡しタイムになった。後ろの席の人からスタッフさんに案内されて、ステージに上がり直接受け取る。荒牧さんは一人ひとりの目をじっと見て渡してくれて、まじめで優しくて本当にかっこよかった。
このときに、他にはどんな人が来てたのかも観察してみた。服装はやっぱりみんな気合い入っててお洒落だった。年齢層は意外と幅広くて主婦層の人も多かったけど、だいたいは20代前半かな。男の人も一人だけ見かけた。チョコを貰ったあと、去り際に高崎さんに「大好きです」と言っていく人も多かったので、高崎さんファンの人も結構来ていたようだ。
私の番になって、荒牧さんに近付きながらちょっと先走って「お誕生日おめでとうございます」と言ってみた。なんとなく、黙ってお礼だけ言って受け取るのが嫌だったからwそしたら荒牧さんちょっと驚いた顔をして、「ありがとうございます」とやっぱりじっと目を合わせてくれた。
もらったチョコはこんなの。安定のひつじ!
f:id:sato080:20160208213503j:plain
実はこれは隣の人に頼まれて交換したもので、最初は後ろ足で立ったポーズの羊だった。あれは多分羊…きっと羊のはず…。

チョコを全員が受け取ったあと、荒牧さんから締めの一言。
うん、今年もみんな、荒牧さんについていくよ。


イベントは以上で終了となり、チェキ会が始まった。今回はin大阪ということもあり、遠方からの人は優先して撮影させてもらえた。私は普通に順番を待ったけど、前の列から案内されたのですぐに回ってきて焦ったw

ステージの上にパーティションがあって、客席側には荷物置き場、向こう側には折り畳み椅子が2脚あった。基本二人とも座って撮る形だ。
荒牧さんは以前ニコ生で、「ポーズは何でもいいですよ。手を繋いだりとか」と言っていた。そう、手を繋いでもいいのだ。つまりわりと何でもOKだ。恋人つなぎしようが、頭をなでなでしてもらおうが、後ろから抱きしめてもらおうがOKだ。こうなると一体どんなポーズをしていいかわからなくなったので、友人のアドバイスに従ってなかなか浮かれたポーズで撮ってもらった。
もらったチェキは想像より小さかった。でも宝物だ。見るたびにニヤける宝物。
2部だからかもしれないが、時間の許す限り追加チェキもさせてくれた。1回目のチェキがものすごく楽しかったので、私は迷いなく追加チェキの列に並んだ。もちろんチェキ券も新たに買う。今回は1枚2000円だったけど、なんかもう安いわ。うん、安い。
2回目のチェキも最高だった。撮る前はあまり時間がないけど、撮ったあとは割とお話ができた。お誕生日おめでとうございますも改めて伝えられたし、すごく楽しかった。

追加チェキも終わり、一人で会場を後にした。そのまま電車内で、この記事の元になったレポをTwitterで呟いていたら、普通に電車を乗り間違えたことに気付いたけど、もう幸せすぎて全然落ち込まなかった。
もう、本当に幸せだった。


大阪でイベントをやってくれてありがとうございます。
そしてお誕生日おめでとうございます、荒牧さん。


もし舞台俳優さんの個人イベントに行ってみようか迷ってる人がいたら、ぜひ!行ってみることをお勧めしたい。